弊社オリジナル【羊毛コケ玉・コウモリラン・セメントポット植物】販売スタート!

弊社オリジナルのデザイン及び気持ちを込めて手作りさせていただきます。密かにブームとなっている羊毛コケ玉やコウモリラン、セメントポットを使用しての多肉植物など『GREENTEIOR』という弊社オリジナルブランドの緑を利用した室内インテリア雑貨を販売いたします。

一宮市は昔から毛織物業が盛んであります。今では羊プロジェクトなど地域活性化にもつながっていますが、弊社ではミズゴケを丸くかため、その周りを羊毛フェルトを用いて色鮮やかにオシャレなコケ玉をデザインしています。そして、水やりなどの管理がほとんど必要のない多肉植物やサボテンを埋め込み、室内の窓際やトイレ、キッチン、部屋の棚などに省管理小スペースのインテリア雑貨を作っております。

今後、少しずつブログやフェイスブックなどでご紹介させていただきます。

IMG_3043

カテゴリー: コケダマ |

一宮市尾西歴史民俗資料館【垣根修繕工】

一宮市起にある一宮市尾西歴史民俗資料館内にある金閣寺垣や袖垣の修繕工事に伺いました。この資料館は昔ながらの建築様式を今もきれいに管理しており、その中庭はマツやコケを主とした和風庭園になっています。近々庭を含めて国登録の文化財として登録申請を進めています。非常に庭の管理も細かく、隅々まで行き届いています。

金閣寺垣は入り口にあり、非常に目立つために細かい部分まで気を配り、職人冥利に尽きる仕事ができたと思います。

FullSizeRender FullSizeRender (2) FullSizeRender (1)

カテゴリー: ブログ |

一宮市小信中島M邸【垣根改修工事】

一宮市小信中島にあるM邸の垣根が古く、かなり状態が悪かったので約15年振りに作り直してほしいとご依頼いただきました。四ツ目垣と御簾垣を作り直しました。支柱丸太を埋める穴を掘っている間に、青竹を洗うことを同時に行います。たわしなどでこすっても汚れは落ちますが、もみ殻を水に浸しその後、竹を洗っていくと傷つかず非常にきれいになります。支柱丸太を立て胴縁を通して立子を等間隔に立てていきます。黒シュロ縄で固定して完了です。今回の御簾垣はアルミフェンスに添わせながら固定していく手法をとり、最後に黒シュロ縄で結束して完了です。

着手前 着手前

竹洗い状況② 青竹洗い状況

竹洗い状況③ 青竹洗い状況

竹洗い状況  青竹洗い状況

四ツ目垣施工状況 四ツ目垣施工状況

御簾垣施工状況 御簾垣施工状況

完了① 四ツ目垣完了

完了④ 四ツ目垣施工完了

完了② 御簾垣施工完了

カテゴリー: ブログ |

一宮市三条地内 艶清興業(株)【樹木剪定工】

一宮市三条に大きな工場のある艶清興業株式会社様に伺い、駐車場内にあるクスノキの強剪定を行いました。かなり大きく成長していたので、倒木防止も考え全体的に枝を縮めて一度、吹かし直しを行いました。

FullSizeRenderFullSizeRender (1)

カテゴリー: ブログ |

一宮市起W邸【フェンス取替工】

弊社先代の野田義美が作庭した一宮市起のW邸のフェンス取替え工事を行いました。このW様のお庭は50年以上前に造園されたもので、今でも非常にきれいな状態で保っていただいています。敷地東面に新しくアパートができて、勝手口からアパートの玄関が丸見えということで、目隠しとしてフェンスを高くしてほしいという依頼です。

今ある既設フェンスは既に製造が廃番となっているため、最も似たものを選択してあります。既設のフェンスを取り外し、CBを一段積み足し、T-120のフェンスを新たに設置しました。突風強風にも倒れないように添え柱をつけたり、カーポートにアングルで固定するなど工夫してあります。

FullSizeRender (1) 着工前

FullSizeRender (2) 既設フェンス取り外し状況

4 (2) 鉄筋配筋状況

1 (1) 新規CB積み状況

1 (3) 新規フェンス柱設置状況

2 (3) 完了①

2 (1) 完了②

2 (2) 完了③

カテゴリー: ブログ |

一宮市西五城A邸【樹木強剪定工】

弊社の近所のお宅に昔からある高木のクロガネモチがあります。しかし、15m近い樹高ですが、敷地境界を越えて斜めに育っている樹木でした。下が畑で枝や幹を落としていい土地でしたので、上から少しづつ切って落としてきました。5tクレーンのカゴに乗り、安全に作業を進めていきました。弊社のユニッククレーンと2車使用して1日で事故なく終えることができました。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

カテゴリー: ブログ |

一宮市馬引S邸【垣根改修工事】

昨年よりS様より四ツ目垣が古くなったために、作りなおしてほしいという依頼がありました。年明けに延期していただいたこともあり、青竹が緑のまま保つためにも法事前に合わせて作り直させていただきました。

今まではコンクリートブロックに鉄筋を刺して、その鉄筋に支柱をさして固定されていました。どうしても腐朽が進むと強度がなくなり、グラグラになります。今回は土に支柱を埋め込み、しっかりと固定した状態で作り直しました。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

カテゴリー: ブログ |

一宮市開明【造園外構工事】I邸

昨年の10月から造園工事をさせていただいた一宮市開明の鍼灸院を営んでいるI邸のご紹介をさせていただきます。中庭の造園工事と玄関脇の門柱からのアプローチ工事を依頼され、何回も打ち合わせを行い進めてきました。

1アスファルト取壊し

門柱門扉を設置するために既設のアスファルトを取り壊しを行いました。

3門柱設置2

コンクリートブロックを13段積んだ後、HALPLUSシリーズのHAL20-BN細割ボーダーを張りつけていきました。あいだにはデザインとして御影石を400×300のサイズでカットして同じく貼り付けました。門灯ライトはシンプルにLIXILのLPK-34型ブラックを取り付け、ポストはユニソンのロワール450ブラックを設置しました。

4板石据え1

その後、門柱から玄関までのアプローチを板石を用いました。板石は400×600サイズ300×400サイズのビシャン仕上げを組み合わせて、つまずかないように目地も浅目に仕上げてあります。

5板石据え2 6板石据え3 7板石据え4

大判の鉄平石であいだをつなぐことで、板石だけの単一なデザインを変えるようにしました。

カテゴリー: ブログ |

一宮市立起小学校【樹木剪定工】

本日は、弊社が40年近く管理している地元の小学校の冬期剪定として先生より依頼があり、クスノキの伐採を行いました。学校敷地の北面に植えられていましたが、道路はさんですぐ建物があるために日が入らなかったり、落ち葉が入ったりとクレームがあったようです。

IMG_2174IMG_2175

カテゴリー: ブログ |

あけましておめでとうございます。

2016年の新年明けて最初の仕事として、一宮市中野市長の賀詞挨拶に伺ってきました。弊社が属している一宮市の造園組合 協同組合一宮グリーンクラブの社長様とともに参加し、中野市長の年始の挨拶を頂戴してきました。

FullSizeRender

年明け最初の仕事は地元の土木会社様のお仕事で、一宮市内の野府川堤防内の樹木伐採及び草刈の仕事を5日間くらいかけて今も行っています。やってみると分かりますが、堤防の法面は50㎝以上土がたまっていたり、空き缶やゴミが非常に多いのが分かります。

IMG_2165

カテゴリー: ブログ |